ダイエットにおすすめの食材はこれ!食べてはいけない物や痩せやすい食べ方

ダイエット

こんにちは~子供を産むたびにドンドン大きくなってしまったあんふぅママです。

そこで気になって「ダイエット」で調べると、必ず出てくる「食事制限」の文字…。

ダイエット成功のためには、食事にも気を使わなければならないことは分かりますが、では具体的にどうすればいいのか…悩みますよね。

そこでこの記事では

  • ダイエット成功のためにオススメの食事
  • 避けた方がいい食事
  • 食事以外に気を付けること

これらについて解説していきます!

ぜひ最後まで読んで、今度こそダイエットを成功させましょう!

ダイエット成功に良い食事とは?

ダイエットを成功させるには食事の改善がとても重要になります。

摂取カロリーより消費カロリーを上回るようにコントロールすることがダイエットの近道といえますが、単純に摂取カロリーを減らせばいいのではありません。

痩せやすいからだをつくるためには、バランスの良い食事食べ方に気を付けましょう。

重要!

1.食べるもの

2.食べ方

1.食べるもの

①野菜・穀物など食物繊維を多くふくむもの

②肉・たまご・豆などタンパク質を多くふくむもの

①野菜・キノコ・海藻類を食べることによりビタミンやミネラルの不足を防ぎ、食物繊維には脂質や糖をからだの外に排出するはたらきがあります。

②タンパク質には筋肉をつくる成分があるので、筋肉量を減らさないように心がけて基礎代謝を上げるようにできます。

2.食べ方

①よく噛んで食べる

②食べる順番

③21時以降はなるべく食べない

④カロリー計算

⑤規則正しく

①よく噛んで食べることにより、満腹中枢を刺激し満腹感を早く感じられ、食べる量を抑え消費カロリーを増やすことにもつながる。

②食物繊維を多くふくむ野菜は、血糖値の急激な上昇を抑える効果があるので最初に食べ始めるのが良い。

③BMAL1は22時~2時に多く分泌されるため、21時までに夕食を終わらすのが良い。

POINT

BMAL1とは、DNA(遺伝子)に結合して、朝起きて夜寝るという生活リズムをつかさどる体内時計の、調節機能をもつたんぱく質

④間食する習慣がある人は、ジュースやお菓子を食べるとカロリーオーバーになってしまいがちなので、間食した日には脂質を控え食事でカロリーを調整しましょう。

⑤3食決まった時間に取るようにしましょう。前の食事から時間が空いてしまうと、お腹がすきすぎてたくさん食べてしまうことがあるのでカロリーオーバーになりやすい。

悪い食事とは?

①飽和脂肪酸や脂肪酸の多いもの

②過度な糖質制限

③過度なアルコール摂取

④過度なカロリー制限

⑤同じものばかり食べる

①飽和脂肪酸とトランス脂肪酸を多くふくむバターや生クリーム・マーガリンやショートニングです。

②ダイエット中には糖質制限がよい!と聞いたことがあると思いますが、過度な糖質制限は集中力の低下や疲労感を招いてしまうおそれがあるので要注意です。

③お酒を飲みたい方は、量を調整したり糖質の少ないものを選んでください。お酒を飲むとついついおつまみを食べたくなると思いますが、おつまみも低カロリーのものを選ぶようにしてください。

④過度にカロリー制限すると体重を落とすことはできても、基礎代謝が減ってしまうのでリバウンドしやすい。

⑤同じものばかり食べることにより栄養が偏ってしまうので、さまざまな悪影響をからだにおこす恐れがあります。

食事以外にも気をつけたいこと

消費カロリーを上げる効果と基礎代謝を上げる効果のある運動を取り入れる


ダイエットに適した簡単な運動は、こちらの記事でも紹介していますので、参考にして見てください。

ログイン ‹ あんふぅブログ — WordPress

まとめ

いかかでしたか?

ダイエットを成功させる食事とは、

  • 摂取カロリーより消費カロリーを上回るようにする
  • バランスの良い食事
  • 食べ方

に気をつけて、長く続けられることが良いですね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました