子供のヘルメットどうしていますか?簡単でおしゃれなラック作ってみました

子供

こんにちは~。天気のいい日は子供と自転車でお散歩しているあんふぅママです。

子供ヘルメット収納』という言葉を聞いたことがありますか?

バイクや自転車に乗るとき、安全のためにヘルメットを着用することは欠かせません。
しかし、ヘルメットをどこに収納していますか?

床やテーブルに置いておくと場所を取りますし、壊れたりキズがついたりする可能性もあります。

そこで今回は、

「子供のヘルメット収納」

について解説します。

お子さんの安全とお部屋のスペース確保に役立つアイデアをご紹介します。

子供のヘルメットもスッキリ片付けよう

ヘルメットは、自転車に乗る際に必要不可欠なアイテムの一つです。

特に、子供用のヘルメットは頭の大きさや形状が異なるため、いい収納場所を選ぶ必要があります。

玄関や階段下収納に置くことで、スッキリとした空間を保てますし、玄関先に置けば出かける時にすぐに持って行けます。

また、100均グッズを使った手作りの収納方法もあります。

ヘルメットはケガから守るためにも、適切な収納場所を探して、子供たちも快適に自転車に乗れるようにしましょう。

ヘルメットは安全の基本

ヘルメットは子供の安全の基本です。

保護者は、子供が自転車に乗る際には必ずヘルメットをかぶらせるように注意していますが、ヘルメットが安全に保管されていなければ、意味がありません。

ヘルメットをきちんと収納することで、その保護機能を十分に発揮させることができます。

また、収納場所によっては、子供が自分で取り出しやすくなるため、自ら意識してヘルメットをかぶるようになるかもしれません。

しっかりとした収納場所を用意することで、子供の安全意識を高めることもできます。

収納する場所の選び方

ヘルメットを収納する場所を選ぶのは安全のために非常に重要です。

子どものヘルメットを収納する場合は、わかりやすい位置に置くことが大切です。

玄関に置く場合は、目につきやすく、取り出しやすい場所に置くことがポイントです。

収納のコツとアイデア

収納のコツとアイデアについては、さまざまな方法があります。

例えば、大きめのボックスやカゴを使った投げ込み収納は、小さなお子さんでも出し入れしやすく便利です。

また、自転車のヘルメットなどは、壁掛けホルダーやフックを使うことで場所を取らずに簡単に収納できます。

DIYで自分で作ってみると、自分好みのデザインやサイズに合わせた収納が作れます。
100均グッズも活用しながら、手作りの収納を楽しんでみるのも良いでしょう。

玄関スペースを有効活用することも大切で、ロッカーやシューズラックにヘルメットを合わせて収納してみるのもアイデアのひとつです。

収納方法によっては、お部屋や玄関をスッキリ見せることもできます。

玄関がスッキリ!ヘルメットを上手に収納

玄関がスッキリすると、家の印象も良くなりますね。

ヘルメットを壁掛けする方法や、ヘルメットホルダーを使う方法など、さまざまな収納方法があります。

壁掛けは、デザイン性も高く、スペースを取らずヘルメットが目立ちます。

ホルダーは、玄関に足を踏み入れた時にすぐにヘルメットを手に取れるので便利です。

玄関スペースの利用方法

玄関スペースは家の顔であり、外からの第一印象を左右する場所です。

最適な利用方法としては、壁面を利用することがおすすめです。

壁掛けホルダーやDIYで作ったヘルメット収納スペースを設置することで、スペースを有効活用できます。

DIYして自分で作ってみよう!

DIYで自分で作ってみよう!という方には、ヘルメット収納の作成もオススメです。

DIYで好きな形やサイズにカスタマイズすることができます。
例えば、ホームセンターで購入した2×4の木材を使って、簡単に収納棚を作ることもできます。
また、100均グッズを使って手軽にDIYする方法もあります。

自分で作ったものを使うことができて愛着も湧きます。

こまめに整理整頓して、玄関スペースをスッキリとさせましょう。

DIYで作れる簡単な収納

DIYで作れる簡単な収納について、ご紹介します。

100均グッズを活用して、手軽にヘルメット収納ができます。

  • カラーボックスやファイルボックスを使って、投げ込み収納
  • 木材を使って、壁に固定できるヘルメットホルダーなど

自分で作ることでヘルメットがすっきりと収納され、玄関スペースも広く使えるようになります。

ホームセンターで購入できる材料を使うだけで、手軽にDIYが楽しめます。

是非、自分流のヘルメット収納アイディアを試してみてはいかがでしょうか。

100均グッズを使って、実施に作ってみました‼

100円グッズを使ったヘルメット収納に挑戦してみましょう!

※上記画像は、実際にわたしが作ったヘルメット掛けです。

100均のグッズを使って、玄関や子供部屋に簡単に取り付けることができます。

  • 壁掛けラック
  • プラスチックコンテナ
  • アイアンホルダーなど

一度アイデアを広げてみると、収納の幅が広がります。

DIYで自分で作ることもできるので、自分流のオリジナル収納を作ってみてはいかがでしょうか。

100均グッズを使ったヘルメット収納には、楽しさと実用性が大いに詰まっています。

100均グッズで使った方法を解説

手作りすれば、オリジナリティに溢れた収納ができます。
今回は、実際にセリアのワイヤーネットを使って、ヘルメットをかけるラックを作りました。
ついでに、自転車のカギやマスク置き場も付けちゃいました~‼

<今回使用した材料>

  • ワイヤーラティス 2個
  • 石膏ボード用 固定フック 1個
  • ワイヤーラティス用 ジョイント 1個
  • ワイヤーフック(3本入り) 2個
  • ワイヤーラック 1個

<簡単な作り方>

①寸法を測り、必要な大きさのワイヤーネット付属品をそろえる

②子供の使いやすい高さにマスキングテープで固定し、石膏ボード用のフックをとめる

③ワイヤーネットを連結し、フックに掛け固定する

④必要なフック等をセットして完成‼

 

100均グッズでも、手軽に工夫できるので、作る楽しみを味わいながら、収納方法を検討してみましょう。

壁に収納するスタイリッシュに飾ろう

壁に収納する方法は、空間を有効活用する上でとても便利です。

壁掛けタイプのフックやホルダーを使ってヘルメットを収納すれば、インテリアデザインにマッチさせることもできます。

スタイリッシュな壁掛けヘルメットは、収納場所を選ばないため、玄関からリビング、子供部屋など、どこでも使うことができる。

DIYで作ることもできるので、自分でアレンジして自分だけのオリジナルアイテムを作るのもおすすめです。

スタイリッシュな壁掛けヘルメット

スタイリッシュな壁掛けヘルメットの飾り方には、色々なアイデアがあります。

壁にフックを設置し、ナチュラルな印象でさりげなく飾ると、部屋の雰囲気も良くなります。

また、ヘルメット用ハンガーやラックを使用すると、使いやすく収納できます。

DIYで自分で作る方法もあり、100均グッズを使って手軽に作ることもできます。

子供のヘルメットをスタイリッシュに飾り、収納することで、玄関もスッキリし、おしゃれな空間が作れます。

ヘルメット収納を安全に行い、同時におしゃれに飾ることができるアイデアを参考にしてみてください。

まとめ

いかがでしたか?

ヘルメットは、自転車に乗る際に必要不可欠なアイテムの一つです。

子供用のヘルメットは頭の大きさや形状が異なるため、いい収納場所を選ぶ必要があります。

今回は、100均グッズを使った手作りの収納方法をご紹介しました。

参考にしていただけたら嬉しいです!!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました